レーシック視力回復グッズ
レーシック25万円優待クーポン

レーシック 体験談

レーシック体験談(俳優・タレント:山崎裕太さん)

レーシック体験談

俳優でタレントの山崎裕太さんの体験談です。山崎裕太さんは子役の頃から芸能界で活躍しています。

俳優・タレント山崎裕太

俳優・タレント
山崎裕太さん



☆レーシックを受けようと思われた動機は?

普段は、使い捨てコンタクトとメガネを併用していたんですね。
ただ、コンタクトはすごく眼に圧迫感があって、1日中着けていることができなかったんです。
異常に眼が疲れる感じで、時には気分が悪くなったりして。
舞台の仕事でも、1回目の出演の時にはコンタクトを着けているんですが、2回目の時には眼が疲れてしまって、裸眼で演技していたんですよね。
コンタクトとあまり相性が良くないんですよ(笑)。
本当に必要な時以外は、ちゃんと見えないまま裸眼で生活したりしてました。
車やバイクの運転をする時にはメガネを掛けてたんですが、メガネもやっぱり面倒ですよね。
レーシックとはは、まわりの友人や知人に体験者が割と多くて、いろいろ話を聞いて知っていました。
自分自身、日々不便を感じていましたから機会があればぜひ自分も受けたいと思っていたんですよ。


☆手術当日を迎えて

手術について、特に怖いとか緊張したとかはなかったですね。
皆さん、緊張するようですけど、僕の場合は、本当、全く平気でした。たぶん、まわりに体験者の人が多かったし、話もよく聞いていたからだと思います。
手術自体は、本当に痛みもなくて、アッという間でした。
もう終わったの?って感じでしたよ。

神戸クリニックで検査を受ける山崎裕太さん

手術よりも、手術前の準備で眼を開ける方が痛かったくらいですから(笑)。僕の場合、まつ毛が長かったので、それを処理するために眼を大きく開いていたからだって、後で聞きました。手術が終わってからは、何となく見えている感覚ではあったのですが、本当に見えているのかどうなのかは、正直言ってその時はよく分からなかったんです。それよりも、とにかく早く家に帰って寝なきゃ!って思っていました(笑)。手術の翌朝、起きてリビングの方を見たんです。そしたら「オッ、見えるぞ!本当に見えるじゃん!」っ感じで。テレビも、「オッ!見える!見える!」って。本当、すごいなぁって、一人で部屋で感動してました。あまりにまわりがよく見えるんで、なんだか部屋が少し狭く感じましたね。

外に出ても、とにかく人の顔がよく見えるんですよ。今までは眼が悪いのに、疲れるからってコンタクトも着けずに、裸眼でいる時が多かったですからね。クリニックに来て視力を測ったら、裸眼で両眼ともに1.5。(※その後2.0まで回復されました)
もうビックリです。数値を聞いて、改めて本当に見えてるんだって思いました。実は、うちの家族5人のうち弟以外全員眼が悪いんです。
この結果は家族に絶対自慢しますよ。もちろん、友人知人にもね!(笑)

手術中の山崎裕太さん


あえて不便に思う点をあげると、テレビや映画は別として、これからは舞台の仕事でお客様の顔がよく見えてしまうこと。お客様の反応が全て見えてしまうので、緊張してしまうかもしれませんからね(笑)。
まもなく長期の撮影に入るんですが、これでコンタクトの心配も、メガネの必要もありません。本当に、レーシックを受けて良かったです!


(引用先:神戸クリニック)

レーシック 体験談

レーシック体験談(俳優・タレント:山崎裕太さん)

レーシック体験談

俳優でタレントの山崎裕太さんの体験談です。山崎裕太さんは子役の頃から芸能界で活躍しています。

俳優・タレント山崎裕太

俳優・タレント
山崎裕太さん



☆レーシックを受けようと思われた動機は?

普段は、使い捨てコンタクトとメガネを併用していたんですね。
ただ、コンタクトはすごく眼に圧迫感があって、1日中着けていることができなかったんです。
異常に眼が疲れる感じで、時には気分が悪くなったりして。
舞台の仕事でも、1回目の出演の時にはコンタクトを着けているんですが、2回目の時には眼が疲れてしまって、裸眼で演技していたんですよね。
コンタクトとあまり相性が良くないんですよ(笑)。
本当に必要な時以外は、ちゃんと見えないまま裸眼で生活したりしてました。
車やバイクの運転をする時にはメガネを掛けてたんですが、メガネもやっぱり面倒ですよね。
レーシックとはは、まわりの友人や知人に体験者が割と多くて、いろいろ話を聞いて知っていました。
自分自身、日々不便を感じていましたから機会があればぜひ自分も受けたいと思っていたんですよ。


☆手術当日を迎えて

手術について、特に怖いとか緊張したとかはなかったですね。
皆さん、緊張するようですけど、僕の場合は、本当、全く平気でした。たぶん、まわりに体験者の人が多かったし、話もよく聞いていたからだと思います。
手術自体は、本当に痛みもなくて、アッという間でした。
もう終わったの?って感じでしたよ。

神戸クリニックで検査を受ける山崎裕太さん

手術よりも、手術前の準備で眼を開ける方が痛かったくらいですから(笑)。僕の場合、まつ毛が長かったので、それを処理するために眼を大きく開いていたからだって、後で聞きました。手術が終わってからは、何となく見えている感覚ではあったのですが、本当に見えているのかどうなのかは、正直言ってその時はよく分からなかったんです。それよりも、とにかく早く家に帰って寝なきゃ!って思っていました(笑)。手術の翌朝、起きてリビングの方を見たんです。そしたら「オッ、見えるぞ!本当に見えるじゃん!」っ感じで。テレビも、「オッ!見える!見える!」って。本当、すごいなぁって、一人で部屋で感動してました。あまりにまわりがよく見えるんで、なんだか部屋が少し狭く感じましたね。

外に出ても、とにかく人の顔がよく見えるんですよ。今までは眼が悪いのに、疲れるからってコンタクトも着けずに、裸眼でいる時が多かったですからね。クリニックに来て視力を測ったら、裸眼で両眼ともに1.5。(※その後2.0まで回復されました)
もうビックリです。数値を聞いて、改めて本当に見えてるんだって思いました。実は、うちの家族5人のうち弟以外全員眼が悪いんです。
この結果は家族に絶対自慢しますよ。もちろん、友人知人にもね!(笑)

手術中の山崎裕太さん


あえて不便に思う点をあげると、テレビや映画は別として、これからは舞台の仕事でお客様の顔がよく見えてしまうこと。お客様の反応が全て見えてしまうので、緊張してしまうかもしれませんからね(笑)。
まもなく長期の撮影に入るんですが、これでコンタクトの心配も、メガネの必要もありません。本当に、レーシックを受けて良かったです!


(引用先:神戸クリニック)

レーシック 体験談

レーシック体験談(俳優:杉浦太陽さん)

レーシック体験談


今回はウルトラマンシリーズで活躍された、俳優の杉浦太陽さんのレーシック体験談です。


杉浦太陽さん
俳優 【杉浦太陽さん】

☆手術当日は、どのようなお気持ちでしたか?

手術台に乗ったときはさすがに緊張しました。でも看護師さんが手を握って緊張をほぐしてくれるし、思っていた以上にあっという間に終わったという感じです。先生も「今からレーザーをあてますよ」とか次に何をするのか説明してくれて、「何をされるのだろう」という不安はなかったですね。説明を聞いているうちに「もう終わり?」という感じで本当に一瞬でした。 「これで本当に見えるの?」というくらい一瞬の手術でしたね。



☆視力が回復した感想は?

今までコンタクトに頼っていた自分がバカだったなぁと思いました。小学校から眼が悪く12年くらいコンタクト生活でしたから、もうコンタクトを使うことが生活の一部でした。にもかかわらず「なくしやしないか」とか、いつも不安でしたね。今ではその不安が解消されて、仕事もし易いし充実感あふれる毎日です。裸眼で景色を見ることの感動はすごい!でもそれは勇気を持って受けた人にしか判らないんですよね。ぼくはウルトラマンに変身していたんですが、この手術をやることによって変身したような気分です。ある意味、新しい自分に変身したとも言えますね。


(引用元:神戸クリニック)

レーシック 体験談

レーシック体験談(タレント:大櫛エリカさん)

レーシック体験談

今回は、歌にレポーターにCMに活躍されている大櫛エリカさんのレーシック体験談です。


タレント
大櫛エリカさん
タレント
大櫛エリカさん



☆レーシックを受けようと思われた動機は?

レーシックを受けようと思ったのは、マリンスポーツが大好きで、コンタクトを気にせず海の中で自由に目を開けたいと思っていたからです。
取材や撮影で海外にも良く行きますが、きれいな海を見るといつもそう思っていました。
それと災害。友達から話を聞いた時には本当に心配になりました。
災害に遭ったら、初動が肝心だと聞いたんですけれど、コンタクトをしないとぜんぜん見えないんで、これじゃだめだって思いました。
だから今回の話を聞いたときにはもう迷うことなく受けようと思ったんです。



☆手術当日は、どのようなお気持ちでしたか?

手術当日はキャラクター的にこういうのはヘッチャラと思っていたんですが、いざ手術台に乗った頃から緊張してしまいました。
その緊張感が伝わったのか、先生や看護師さんが腕をやさしくさすってくれたり、 声をかけてくれたので、気持ちがスッと楽になりました、本当に感謝してます。
実際、手術の痛みは全く無かったし、「えっ、もう終わったんですか?」っていう感じ。
こういうものなら、もっと早く受けてればと思いました。



☆視力が回復した感想は?

レーシックを受けた後の、コンタクトやメガネとの一番の違いは遠くの見え方ですね。奥行きが分かるんです。空間が見えるって言うか、遠くのビルとそのまた後ろのビルの距離感がしっかり分かります、クッキリとね。
それと何度も寝る前にコンタクト外さなきゃって、いまだに間違えます(笑)。でもその後何となく嬉しくなるんですよね、これがいいですね。
仕事では、これからいろいろ視力が良くなったことを実感するんでしょうが、今はなんか人の顔ばかり見ちゃいます。凹凸とかよく見えるんです、立体的に。
人の話も聞かずにジッと見ちゃいます。楽しみが増えました。
ブログにもいろいろ手術のこと載せてますので、ぜひ見に来てください。



大櫛エリカさんのブログはこちら。
http://www.erica-sea.jp/


大櫛エリカさんの活動について。
ASAYANの収録に遊びに来ていたところをスカウトされ、「Say a Little Prayer」としてデビュー。 2002年より女優として活動。
2006年の活動として、夏には初のミュージカル出演や数社のCM出演、TVレポーター、バラエティ番組への出演などが予定されている。
TBS系『夢の扉』(ドリームナビゲーター)・BS日テレ『M.I.T. Revolution』
SKY PerfecTV『EX SPORTS』
06年7月〜9月ミュージカル『PIPI』出演決定


(引用元:神戸クリニック)

レーシック 体験談

レーシック体験談(プロ野球選手:高木康成さん)

レーシック体験談

今回もプロ野球選手からレーシック体験談を伺ってみました。



オリックスバッファローズ
高木康成さん
プロ野球選手
オリックスバッファローズ
高木康成さん



☆レーシックを受けようと思ったきっかけは?

野球で試合の遠征や、プロになってからの移動などでも必ずコンタクトレンズを用意していたのですが、長期の旅になると結構な荷物となっていつも面倒くさく思っていました。 1日に15時間くらいコンタクトレンズをつけたこともあって、目に良くないし、寝る前に外すのも やっぱり面倒だったです。 2年前くらいだったと思いますが、レーシックを受けたプロ野球の先輩に話を聞いていて、 それから受けたいと思っていました。



☆レーシック手術当時の感想をお聞かせください

元々レーシックを受けることには、緊張感や不安感はあまりありませんでした。 実は手術当日、ベッドに寝転んでさぁこれから始まる・・・・と思っていたら、 ベッドが動かずに、一旦手術室も出てくださいって言われてしまいました。 拍子抜けしながら手術室を出たとたんに直って、ま、た入って下さいって言われて、 こんなこともあるんですね。ちょっとびっくりしました(笑) 手術の最中は看護師さんが横に居てくれたみたいで、手を握ってくれてたと思うんですが・・・。 手術そのものの痛みはありませんでしたが、ただ、目をくすぐられているみたいに感じましたね。



☆レーシックを受けて良かったこと、以前の生活と変わった点などをお聞かせください。

やっぱりコンタクトレンズに対して気を使うことが無くなったことが、自分にとっては大きいです。裸眼で見えることの驚き、特に朝目覚めてすぐの見え方は、視野が広がったみたいに感じてビックリしています。 今は目薬を差しながら目を大切にしています。 友人にもレーシックを受けたことを話すことがありますが、結構皆んな受けたがっているんですね。 コンタクトレンズや眼鏡を一生使うと、はるかにレーシックのほうが費用面でも安いですし、手術自体もすぐ終わって痛みも無いんだったら、受けたほうがいいよって話してます。 本当に何年かぶりの裸眼生活は、すっきりと気持ちがいいですね。


(引用元:神戸クリニック)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。