レーシック視力回復グッズ
レーシック25万円優待クーポン

レーシック

レーシックの基礎知識


レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術をいいます。現在行われているレーシックの手術は治療効果も高く、相対的に見たらコンタクトレンズを購入し続けるのと同じぐらいの費用で受けることができ、第三の視力矯正治療として注目を浴びています。


代表的なものに、レーシックイントラレーシックスーパーイントラレーシックエピレーシックなどがあり、それぞれ、使用する器具、照射するレーザーの種類等が異なります。詳しくは、各眼科、クリニック、医院にお問い合わせください。このサイトでも皆さんにあった情報を提供していきます。ご自身に合った治療方法を見つけて、みなさまの視力回復した快適な生活を応援します。

レーシック

レーシックとコンタクトレンズの違い

レーシックとコンタクトレンズの違いについて


レーシック手術を受けるか、コンタクトレンズを装用し続けるか、近視矯正の手段として選択肢は分かれるところです。

コンタクトレンズには、角膜への負担、手入れが面倒といったデメリットがありますが、最近では、使い捨てや頻回交換タイプなど安全性や取扱いへの改良が進んでいます。

一方、レーシックに対しては、コワい、高いといったイメージをお持ちの方もまだまだおられるでしょう。

ただ、レーシックは半永久的な矯正手段であり、安全面はもちろんコスト的な側面でも、長い目で見ればコンタクトレンズよりメリットが大きいといえます。


コンタクトレンズにかかる費用

コンタクトレンズを長期にわたって使用する場合、例えば、2ウィークレンズを10年間使い続けると、その額は420,000円(メーカーにより金額は異なります)。

さらに日々のケアコストや検査費も別途必要で、紛失や破損といったハプニングがあったなら、その合計は相当な金額になります。


レーシックは、初期投資としての負担は大きいかもしれませんが、クリニックによっては手術費用の中に術後の検診代も含まれます。

長期的に見れば決して高い出費とはいえないでしょう。

手入れの煩わしさや目への負担がなくなるのはもちろん、裸眼生活の快適性や利便性を考えると、コンタクトレンズに比べてむしろ経済的です。



■2ウィークレンズの場合
使い捨て2ウィークレンズ(定価3750円/1箱6枚入り)とケア用品(定価1000円)を使用した場合、1年間でコンタクトレンズ8箱とケア用品 12本となり、1年間のかかる費用の合計は、42,000円となります。(眼科への受診料は含まれておりません。)

コンタクトレンズ:420,000円

レーシック:380,000円


(引用先:神戸クリニック)

レーシック

視力回復レーシックとは??

レーシックって何?


レーシックLASIK)は視力を矯正する治療方法です。

具体的には、エキシマ・レーザー(日本では、2000年1月に厚生省(現:厚生労働省)がエキシマレーザーによる矯正手術を認可し、 その安全性が確認されました)

を使って角膜の中央部を削ることにより、角膜の形状を変えることによって 屈折率を変化させ、視力を回復させる方法です。

メガネコンタクトレンズに代わる第三の視力矯正方法として高い注目を集めています。

コンタクトレンズ眼鏡と違って、裸眼視力そのものを回復させるので、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻すことが可能です。


医療の技術や機器の発達によって安全性はかなり高くなっているようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。