レーシック視力回復グッズ
レーシック25万円優待クーポン

イントラレーシック

イントラレーシックの治療方法

イントラレーシックの治療方法

イントラレーシックの治療方法は、レーシックと異なり、

フラップを作成する際、レーザーを使用します。

レーシックで使用するマイクロケラトーム(眼球専用カンナ)では、医師の手によってフラップを作成しますが、

イントラレーシックでは、コンピューター制御されたレーザーで行うため、

非常に正確で均一な厚さのフラップを作成することができます。

イントラレーシックはレーシックと比べ、眼球への負担も最小限に抑えることができます。

マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)による副作用(ハロ)を抑えることに成功しています。

マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)による副作用(ハロ)について
http://super-intra-lasik.seesaa.net/article/37696096.html


角膜の形状の問題によりマイクロケラトームによるフラップの作成が困難な方でも、

イントラレーシックは安全に対応することが可能といわれています。

イントラレーシック

視力回復イントラレーシックとは?

視力回復イントラレーシック

イントラレーシック」はレーシック先進国アメリカで主流になっている近視矯正法です。

イントラレーシックは、レーシックより安全性・確実性がさらに増した「最新」のレーシックで、年間約130万人が受けて、その安全性が証明されています。


メリット)

フラップに関する機械的なトラブルの心配がありません。

矯正精度の向上が期待できます。

角膜の形状が極端な方にも安全なレーシックが可能です。


デメリット)

イントラレーシックは最先端技術ですが、まだ歴史が浅く症例も少ない現状です。

レーシック先進国アメリカでもイントラレース・レーザーの普及率は低く、導入に関して賛否両論があります。

日本でもイントラレーシックを行っている眼科クリニックはまだ少なく、導入を見合わせているクリニックも多いです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。