レーシック視力回復グッズ
レーシック25万円優待クーポン

イントラレーシック

イントラレーシックの治療方法

イントラレーシックの治療方法

イントラレーシックの治療方法は、レーシックと異なり、

フラップを作成する際、レーザーを使用します。

レーシックで使用するマイクロケラトーム(眼球専用カンナ)では、医師の手によってフラップを作成しますが、

イントラレーシックでは、コンピューター制御されたレーザーで行うため、

非常に正確で均一な厚さのフラップを作成することができます。

イントラレーシックはレーシックと比べ、眼球への負担も最小限に抑えることができます。

マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)による副作用(ハロ)を抑えることに成功しています。

マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)による副作用(ハロ)について
http://super-intra-lasik.seesaa.net/article/37696096.html


角膜の形状の問題によりマイクロケラトームによるフラップの作成が困難な方でも、

イントラレーシックは安全に対応することが可能といわれています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。