レーシック視力回復グッズ
レーシック25万円優待クーポン

レーシック 手術

レーシックの手術方法

レーシック手術方法

レーシックは次の流れで手術が行われます。

@点眼麻酔
  ↓
Aフラップ作成
  ↓
Bマキシレーザーを照射
  ↓
Cフラップを元に戻す

レーシックの手術は、簡単に例えると天気のいい朝に窓(フラップ)を開けて太陽の光(レーザー)を部屋に取り入れるイメージです。


点眼麻酔

@点眼麻酔
 手術を行う前に点眼薬で麻酔をします。


フラップ作成作ったフラップをめくる

Aフラップ作成           B作ったフラップをめくる
マイクロケラトーム(※)という眼球専用の”カンナ”で角膜の表面
を削り、フラップをつくります。


マキシレーザーを照射

Cエキシマレーザーを照射
エキシマレーザーという紫外線を当て、近視・遠視を治療します


フラップを元に戻すフラップを自然に癒着させる

Dフラップを元に戻す     Eフラップを自然に癒着させます。



(イラスト引用先:神戸クリニック)


※マイクロケラトームを使用した場合、夜間において周囲の灯りがボヤけて見える(「ハロ」という副作用)可能性があります。

最新のイントラレーシックでは、マイクロケラトームを使用しないため、ハロが起きないといわれています。

レーシックを受けるかイントラレーシックを受けるかは担当のドクターから十分説明を受けた上で治療するようにしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。