レーシック視力回復グッズ
レーシック25万円優待クーポン

レーシック

レーシックの基礎知識


レーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)とは、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術をいいます。現在行われているレーシックの手術は治療効果も高く、相対的に見たらコンタクトレンズを購入し続けるのと同じぐらいの費用で受けることができ、第三の視力矯正治療として注目を浴びています。


代表的なものに、レーシックイントラレーシックスーパーイントラレーシックエピレーシックなどがあり、それぞれ、使用する器具、照射するレーザーの種類等が異なります。詳しくは、各眼科、クリニック、医院にお問い合わせください。このサイトでも皆さんにあった情報を提供していきます。ご自身に合った治療方法を見つけて、みなさまの視力回復した快適な生活を応援します。

イントラレーシック

イントラレーシックの治療方法

イントラレーシックの治療方法

イントラレーシックの治療方法は、レーシックと異なり、

フラップを作成する際、レーザーを使用します。

レーシックで使用するマイクロケラトーム(眼球専用カンナ)では、医師の手によってフラップを作成しますが、

イントラレーシックでは、コンピューター制御されたレーザーで行うため、

非常に正確で均一な厚さのフラップを作成することができます。

イントラレーシックはレーシックと比べ、眼球への負担も最小限に抑えることができます。

マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)による副作用(ハロ)を抑えることに成功しています。

マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)による副作用(ハロ)について
http://super-intra-lasik.seesaa.net/article/37696096.html


角膜の形状の問題によりマイクロケラトームによるフラップの作成が困難な方でも、

イントラレーシックは安全に対応することが可能といわれています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。